four column house

​三業通りの住宅

2018

Tokyo

House

+ 新建築『住宅特集』2018年6月号 掲載

construction: tosei

photo by jumpei suzuki

5.jpg

かつて花街として栄えた通り沿いに建つ木造3階建て住宅。敷地は準防火地域だけれど、準耐火建築物の燃えしろ設計ではなく、告示を利用して120mm角の柱梁を現している。クローズドな生活の感覚も告示の開口制限とうまく重なった。施主が望んだ大きな空間を限られた敷地につくる。地上に駐車スペースをとると各階ワンルームとしてもこじんまりとしてしまうから、2階より上は駐車スペース上部に張り出す。すると梁せいが大きくなるので鉛直力を支持する柱を露出させる。逆に外周壁は横力抵抗のため窓が少なくなるが、告示の開口制限をクリアできる。花街の都市の記憶を手掛かりに、2階の床レベルを極力低くし道路と近づけた。かつては芸妓さんが2階の窓の手摺りに腰掛けて手を振っていたようで、床と道路の近さは、そんな地域の文化的な距離感でもある。ぐっと重心を落とす一方で、天井高を4m強の1.7層分として敷地からは想像しにくい大きさと繋がりを手に入れた。窓には、茂みに隠れつつ通りを見渡せる緑化の設えがなされる。道路から井桁の木構造がチラリと見える。柱梁は、果物の芯のように上下階を貫いて、日々の生活に寄り添っていく。阿弥陀堂のような強い形式と柔らかい生活の重なりをイメージした。

It is a three-story wooden house built on the site along the street used to be a flourishing red-light district. Although the site is situated in a semi-fire zone, 120 mm square column and beams are revealed by using the pubic notice of regulation. The feeling of closed life also overlapped well with the opening-limit regulation.

We lowered a level of the second floor as much as possible together with bringing it closer to the front road. In this area, once used to be a Hanamachi (Geisha town), geiko (geisha) used to be sitting on the handrail of the window and waving her hand. So the proximity of the second floor and the road feels like a traditional distance for this area. Windows are being gradually hid during time due to the growing plants decorating the façade. Passing by the street, one can find wooden structure at the first glance. As if a core of a fruit, columns and beams penetrate upper and lower levels coming very tightly to everyday life. Creating the overlapped image of a strict form and smooth life.

unnamed.jpg
unnamed (11).jpg
unnamed (2).jpg
unnamed (14).jpg
unnamed (6).jpg
unnamed (4).jpg

construction: tosei

photo by jumpei suzuki

© 2015-2021 by ATELIERCO ARCHITECTS